マンションの管理なら|貸会議室でスムーズな取引を|時代を駆ける企業

貸会議室でスムーズな取引を|時代を駆ける企業

ウーマン

マンションの管理なら

会社

マンション管理の必要性

マンションは建てたときには綺麗で立派にみえますが、経年劣化により、さまざまな場所に変化が出てきます。どのような場所に変化が出てくるかと申しますと、まず、外壁です。外壁部分は年中太陽の日差し、雨や風を受けていることから、外壁部分の変色、ひび割れ、壁材と壁材を埋め戻している部分の剥離等の現象が出てきます。また、目には見えない部分としては、水回りの経年な化があります。配管の腐食、配管のゆるみ、配管内のつまり等です。また、共用部分の廊下や階段も経年劣化により変色やひび割れなどの症状が出てきます。このように経年劣化が出てくることから、専門知識を有するマンション管理会社とマンションの管理について契約し、適正にマンションを管理して経年劣化に備える必要があります。マンション管理会社も何社もありますので、相見積もりにより、比較検討してどの会社にするのかを決めます。

管理契約の内容

マンションの経年劣化を少しでも防ぎ、耐用年数を長くするためにも、マンション管理会社との管理に関しての契約します。分譲マンションですと、管理組合と管理会社との間で契約を交わすことになります。契約の内容は、マンションの規模、築年数によって違ってきます。一般的なファミリーマンションで150世帯くらいのマンションについて、モデルケースとしてどのような契約内容になるのかについて知っておきましょう。まず、日常清掃、巡回、法的な設備の点検、定期清掃等になります。日常清掃と定期清掃の違いは、日常清掃は、ゴミ出し、共用部分の清掃になります。定期清掃は、ポリッシャーという機械を使用して、泡剤で共用部分を綺麗にすることです。法的な点検というのは、エレベーター、電気設備、消防設備の点検になります。これらは専門的な知識がないとできませんので、マンション管理会社と、なにをどのようなスパンでやるのかについて契約内容で明確にします。